本文とサイドメニューへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 製品・技術を開発する  > 元気なモノ作り中小企業300社

元気なモノ作り中小企業300社


株式会社ぬちまーす

印刷用PDF
2008年度

本コンテンツは、経済産業省発行の冊子に基づくため、内容は掲載当時のものであり、現在とは異なる場合もあります。また、修正等には対応できませんことご了承ください。


代表取締役
高安 正勝

海のミネラルをまるごと含有、命の塩(ぬちまーす)

2000年にミネラル含有量世界一でギネス記録、2006年から3年連続モンドセレクション金賞受賞。沖縄の美しい海水から世界初の瞬間空中結晶製塩法により作られる「命の塩」(ぬちまーす)。

世界初の瞬間空中結晶製塩法

従来の製塩法が「海水を塩とにがり水に分離」する技術であることに対し、瞬間空中結晶製塩法は「海水を水とそれ以外」に分離する画期的な特許製塩法。海水を微細な霧にして噴霧、温風で瞬間的に結晶化する。(日本、アメリカ等、世界9カ国において特許取得) 海水のミネラルバランスそのままで健康に良いマルチミネラル塩として健康や生活の質にこだわりを持つ消費者に浸透。少しずつファンを増やしている。

味・効能・生命とミネラルについて、多面的に体感できる観光製塩工場も稼働開始

2007年6月に新たに観光製塩工場が完成。雪景色のような製塩工程の見学だけでなく、生命とミネラルの関係や長寿県沖縄についての講話をはじめ、「ぬちまーす」を活かしたカフェレストランと「ぬちまーす」関連商品だけを扱うギフトショップも併設。美しい海原を眼下に望み、多面的に「ぬちまーす」を体感できる新たな観光名所となっている。

世界各国に広がる「命の塩」(ぬちまーす)

「ぬちまーす」とは沖縄の方言で「命の塩」。生命に必要なミネラルがバランス良く豊富に含まれていることから命名された。2000年の沖縄サミット首脳晩餐会の料理でも「ぬちまーす」が使用される。世界的な食品分野の品評会「モンドセレクション」でも「ぬちまーす」の味と品質が高く評価されて2006年に日本の塩として初めて金賞を受賞。以後3年連続で受賞継続中。同製品はEU向けパッケージも開発し販売を開始。その他にもアメリカ、韓国等への輸出を展開中である。

(生命とミネラルの講話風景)(雪景色のような製塩風景)(ガイドが付く工場見学)

このページの先頭へ