本文とサイドメニューへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 製品・技術を開発する  > 元気なモノ作り中小企業300社

元気なモノ作り中小企業300社


ゼライス株式会社

印刷用PDF
2007年度

本コンテンツは、経済産業省発行の冊子に基づくため、内容は掲載当時のものであり、現在とは異なる場合もあります。また、修正等には対応できませんことご了承ください。


代表取締役社長
稲井 謙一

一般家庭向け食用ゼラチンの生産高日本一

社員の3割がゼラチン関連の技術開発に従事する東北唯一のゼラチンメーカー世界に先駆けてコラーゲンの最少ユニットサプリメントを商品化。

Jリーグや角界のプロスポーツ選手から注目されるサプリメント「コラーゲン・トリペプチド」

同社が世界に先駆けて商品化した「コラーゲンペプチド」は、3つのアミノ酸からなるコラーゲンの最少ユニット(1/1000サイズ)であるトリペプチドを15% 以上含有し、アミノ酸よりも素早く吸収され、皮膚や骨・軟骨・腱・血管壁などにダイレクトに届いてコラーゲン合成をサポートするものである。骨折やアキレス腱断絶時に修復速度を2倍に高める効果が確認されており、これまでにないコラーゲンサプリメントとして、プロスポーツ選手から注目されている。さらに、皮膚に塗布した場合、真皮まで浸透することが確認されており、従来の化粧品用コラーゲンでは成し得なかった「肌の内側から働きかけるコラーゲン」として、化粧品・医薬部外品用素材に利用されている。

家庭用ゼラチンパウダー「ゼライス」は発売開始から50 年以上のロングセラー商品

同社の前身である宮城化学工業株式会社は、昭和16(1941)年に東北大学の協力を得て、世界で初めて鯨を原料としたゼラチンの製造に成功し、昭和19(1944)年に設立。昭和28(1953)年には、ロングセラー商品となる家庭用ゼラチンパウダー「ゼライス」を発売。延べ300 万ケース以上、最近では年間11 万ケースを販売し、国内シェアの約半分を占める。

ゼラチンの多様な使用法:ゼリー、カプセル剤、写真フィルム、接着剤など

ゼラチンは、コラーゲン(骨・腱・皮膚などに多く含まれる繊維状の硬たんぱく質)から抽出・精製される無脂肪の良質な動物性タンパク質で、アミノ酸の供給源として栄養価が高く、低カロリーで消化吸収を助ける働きがあるため、近年、健康食品として注目されている。また、機能性材料としても食用のほかに、写真用、医薬用、工業用に幅広く応用されている。

このページの先頭へ