本文とサイドメニューへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 製品・技術を開発する  > 元気なモノ作り中小企業300社

元気なモノ作り中小企業300社


株式会社ティ・ディ・シー

印刷用PDF
2007年度

本コンテンツは、経済産業省発行の冊子に基づくため、内容は掲載当時のものであり、現在とは異なる場合もあります。また、修正等には対応できませんことご了承ください。


代表取締役
赤羽 亮哉

ナノメートル単位の精度を誇る超精密鏡面加工

  • 宮城県宮城郡利府町飯土井字長者前24-15
  • 1989年(平成元年)設立
  • TEL 1989年(平成元年)設立
  • http://www.mirror-polish.net/
多種多様な材質に対応でき、各種の材質でRa1nm 前後の超精密鏡面を実現する。また、本加工技術を用いることで、長さ、寸法、角度においても、その実現精度は超精密加工領域である。

他にない超精密鏡面加工

同社の加工技術の特徴は、加工精度が、(1)面粗さではRa(面粗さ平均値の規格)1nm 前後、(2)平面度では0.1μm、(3)真直度では1μm を達成し、加工素材は、ステンレス、アルミ、銅、チタンなど金属全般に加え、セラミックス、樹脂、新素材及びガラスなどの金属以外の素材も可能であり、特定の素材に特化しない加工技術を持っている。

職人技から独自の加工技術を確立

従来型の鏡面加工設備に自社で改良を加え、素材の材質、大きさに合わせて微妙に加工部品の位置、油膜粘性度、粒子濃度、吹きつけ回数、勾配度、回転数、回転時間などを変えて、同社の職人が蓄積した経験からオンリーワン技術を生み出した。この過程では、30、15、5、3、1nm という未知の壁をブレークスルーしながら、個々の従業員にもプロ意識が浸透し、常に新しいもの、出来そうもないものに挑戦するマインドが企業全体に拡がった。

ビジネスモデルの転換

超精密鏡面加工に特化した同社では、中小製造業としては早い段階から自社ホームページを立ち上げて、自らの加工技術を公開するとともに、各種展示会への積極的な出展や東京営業所の開設などを通じて、毎年新たに350 社を超える新規顧客を開拓してきた。これは、高精度、短納期、価格といった多様な顧客ニーズに対し、真摯に取り組む同社の姿勢及び実績が評価されたものである。

このページの先頭へ