本文とサイドメニューへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 製品・技術を開発する  > 元気なモノ作り中小企業300社

元気なモノ作り中小企業300社


東光鉄工株式会社

印刷用PDF
2007年度

本コンテンツは、経済産業省発行の冊子に基づくため、内容は掲載当時のものであり、現在とは異なる場合もあります。また、修正等には対応できませんことご了承ください。


代表取締役
虻川 東雄

南極で採用された軽量高強度を誇るアーチ状建築構造体

柱・梁のないアーチ状建造物「TOKOドーム」は、現場施工が短期間で済み、30m の高さから32kg の氷塊を落下させる破壊試験や3mの積雪にも耐えるなど、コストパフォーマンスに優れ、極限環境下の南極昭和基地で3基が採用。

鉱山への資材供給で培った鉄骨の曲げ加工技術

同社は、地元鉱山への支保工(鋼材をアーチ形に曲げた坑道用の型枠)などの鉱山資材の供給で基礎を築き、その後、鉱山が衰退する中で蓄積した独自の技術力を活かして、東北新幹線や東北自動車道などのトンネルの型枠分野に進出した。H型鋼を冷間で歪みなしに曲げる技術をはじめ、卓越した鉄骨の曲げ加工技術には定評があり、トンネル支保工の東北地域シェア50%、スノーシェルター(防雪工・防風工)の全国シェア50% を占める。

独自の技術に特化した製品作りの追及から生まれた「TOKOドーム」

冷間鋼曲げ加工を可能にするベンディング・ロールマシン(曲げ機)を開発した同社は、大型デッキプレート(波形鉄板)の曲げ加工を世界で初めて実現させ、アーチ状建造物「TOKOドーム」の製品化につなげた。同ドームは、スノーシェルターとしての利用のほかに、天井クレーンを取り付けた仮設工場、倉庫、スポーツ施設、車庫、冷蔵庫、大型サイロ等の幅広い用途で使われている。一番の特徴は、アーチ部分の最大半径が24m の建造物であるにもかかわらず、柱・梁のないデッキプレートを繋ぐだけの簡易な構造になっている点で、これにより、工期はプレハブ並みの1カ月(現場組立は2〜3日)、費用も普通の建造物に比べ2〜3割安となっている。さらに、軽量であるため移設が容易なこと、柱・梁がなくても3mの積雪にも耐えられること、内部も広く使えることなどから、南極の昭和基地でも廃棄物保管庫、雪上車車庫、資材格納庫として採用されている。

このページの先頭へ