本文とサイドメニューへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 製品・技術を開発する  > 元気なモノ作り中小企業300社

元気なモノ作り中小企業300社


株式会社タイコーデバイス

印刷用PDF
2007年度

本コンテンツは、経済産業省発行の冊子に基づくため、内容は掲載当時のものであり、現在とは異なる場合もあります。また、修正等には対応できませんことご了承ください。


代表取締役社長
岡 清孝

自動車電装リレー分野で世界のトップメーカー

自動車電装用リレーの設計〜独自の自動化設備による製造、さらには販売までグループ内で一貫体制を整備。年間約1.5億個を生産し、国内シェア42%、世界シェア13%。

精緻な生産技術力と磨かれた品質管理体制

同社のリレーは他社製に比較して小型化・静音化が図られているとともに、耐久性、信頼性が高く世界最高水準の品質にあり、開発設計・生産技術・製造が一体となって生み出す製品は、クライアントの絶大な評価と国内外での高いシュアを獲得。

自前の生産設備が秘伝のタレ

生産に関わる金型から組み立て自動化設備のほとんどを自社内で開発・製造し、コストの縮減と高品質、短納期等に対応。
 リレーは成熟した技術ではあるものの、ニーズにマッチした技術開発の努力を続け、目立たない技術を手塩にかけて新しい技術に展開させることに注力している。

重要な世界戦略

2001年、開発と販売を一体化したタイコーデバイステクノを設立し、同社を中心にタイコーデバイス、泰康電子(中国・深セン)、珍迎電機(韓国・馬山市)の三社によるグローバルネットワークを構築し、顧客ニーズに柔軟・迅速に対応。自動車の生産拠点が中国、タイなどにも広がるなか、泰康電子の深セン工場を刷新し07年2月に本格稼働。車載用リレーの生産能力を従来の年産1.5億個から2億個に増強して、世界的な需要増に対応する供給体制を整備。

このページの先頭へ