本文とサイドメニューへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 製品・技術を開発する  > 元気なモノ作り中小企業300社

元気なモノ作り中小企業300社


帝国インキ製造株式会社

印刷用PDF
2007年度

本コンテンツは、経済産業省発行の冊子に基づくため、内容は掲載当時のものであり、現在とは異なる場合もあります。また、修正等には対応できませんことご了承ください。


代表取締役社長
澤登 太平

色と素材のインテリジェンス、高機能インキで無限の可能性を追求

スクリーン印刷インキの分野で、水(液体)と空気(気体)以外には印刷出来ないものがないと言えるほど幅広い商品群を備え、国内外で様々な業界の顧客ニーズに対応している。

インキひと筋112年

創業112年の同社は、「色と素材のインテリジェンス」をアイデンティティーに、絶え間ない技術革新の中から常に新しい機能を持ったインキづくりにチャレンジしている。
 スクリーン印刷用インキの持つ機能とその周辺技術で、記録メディア業界、自動車業界、携帯電話業界、フラットパネル業界、電気業界、ICタグ・カード業界等様々な業界へお客様が抱える問題を、迅速に解決するソリューション型ビジネスを提供している。また、印刷資機材の販売、印刷技術指導まで一貫したサービスを日本国内に限らず海外にまで展開している。

スクリーン印刷用インキで鏡面の光沢を

同社では、真空蒸着やメッキ等従来の工法に匹敵する鏡面の光沢を、独自の技術によって実現出来るスクリーン印刷用インキを開発、販売している。従来の真空蒸着やメッキ法に比べて環境にも優しく工程削減や必要な部分だけへの多色印刷が出来、大幅なコストダウンを図る事が可能となった。

フィルムインサート成形、インモールド成形

さらに、様々な用途に対応出来るスクリーンインキを製造販売しており、プラスチック一体成形品として洗濯機や炊飯器の表示パネル、携帯電話機やゲーム機、自動車のディスプレイパネル等、広い用途に世界中で使われている。また、同社は、インモールド成形に関する多数の基本特許を所有している。

環境負荷への積極的な対応

同社の中核的な製造工場である山梨工場では、2001年にISO14001を認証取得している。溶剤に関する規制対象物質や、鉛、水銀等環境負荷物質を含んでないスクリーンインキを開発し、環境負荷への対応を積極的に進めている。

このページの先頭へ