本文とサイドメニューへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 製品・技術を開発する  > 元気なモノ作り中小企業300社

元気なモノ作り中小企業300社


株式会社イワサテック

印刷用PDF
2007年度

本コンテンツは、経済産業省発行の冊子に基づくため、内容は掲載当時のものであり、現在とは異なる場合もあります。また、修正等には対応できませんことご了承ください。


代表取締役
阿部 義和

風力発電用の大型内歯歯車で国内トップメーカー

高精度加工が難しい大型内歯歯車を独自開発の技術で製造。風力発電の増速機用の内歯歯車の国内生産シェアは100%。火力発電用の大型歯車にも強み。

高度な歯車加工技術を確立

高精度の大型内歯歯車(リングの内側に歯のある歯車)は、風力発電等のインフラ設備や船舶に欠かせない部品であるが、自重によるたわみや、研削時の加熱による膨張の影響で加工が非常に難しい。従来、大型歯車分野はドイツの牙城であったが、同社は、10年にわたり、加工設備、ソフト、工具等の試行錯誤の結果、他社に真似できない独自の大型歯車の高精度研削技術と品質検査技術を日本で初めて確立。

風力発電用の内歯歯車で国内シェア100%

現在、化石燃料代替による地球環境保全への取り組みとして世界的に増産が続いている風力発電設備について、その内部の増速機に使用される内歯歯車の国内シェア100%を獲得。内歯歯車の高精度化により歯車の動力伝達能力が向上し、増速機のサイズダウンと長寿命化を実現し、我が国風力発電設備の輸出競争力の強化にも大きく貢献。

発電プラントを中心にアジアとの取引も積極的

風力発電以外にも、火力発電用の石炭粉砕設備に使用される大型歯車(ベベルギア)も製造。中国を始め、韓国、台湾、インド等からも受注があり、国内のみならず海外との取引も積極的に行っている。

このページの先頭へ