本文とサイドメニューへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 製品・技術を開発する  > 元気なモノ作り中小企業300社

元気なモノ作り中小企業300社


ミック電子工業株式会社

印刷用PDF
2007年度

本コンテンツは、経済産業省発行の冊子に基づくため、内容は掲載当時のものであり、現在とは異なる場合もあります。また、修正等には対応できませんことご了承ください。


代表取締役
宮田 致良

動作制御の核心を担う検出スイッチを独自開発・製造

ハイテク機器から自動車まで、あらゆる動作制御の核心を担う検出スイッチを独自に開発・製造。スイッチの年間生産数は5億個。同社開発構造による多くの特許製品は、顧客製品の信頼性向上、コスト低減を実現。

リーフスイッチで誤消去防止スイッチ世界シェア独占

カセットテープの寸法ばらつきの影響を受けず、確実に誤消去防止用の爪の有無を検出する機構をシンプルなカバー付リーフスイッチで実現させ、国際特許を取得。1980〜90年代、ラジカセ、家庭用VTRを生産していた全てのメーカーを顧客にし、この分野を独占した。現在は、CD、DVDのトレー検出用のプッシュスイッチに受け継がれ、年間生産数は3億個に達する。

徹底的に独自開発にこだわったミックオリジナルスイッチを多数商品化

経営基本方針に「独自の商品を生み出す事(広い世間から大いに学びひと味ちがった商品を生み出す)」をうたい、多くの特許製品を開発。これらの特許製品は、顧客製品の信頼性向上はもとより、コスト低減を可能にした。車載用スイッチ分野でも、オーバードライブスイッチ、シフトスイッチなどのミックオリジナルスイッチが開発され、年間生産3千万個に達している。

このページの先頭へ