本文とサイドメニューへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 製品・技術を開発する  > 元気なモノ作り中小企業300社

元気なモノ作り中小企業300社


神津精機株式会社

印刷用PDF
2007年度

本コンテンツは、経済産業省発行の冊子に基づくため、内容は掲載当時のものであり、現在とは異なる場合もあります。また、修正等には対応できませんことご了承ください。


代表取締役社長
神津 博行

「驚異の位置決め精度」を軸にナノテク時代を切り拓く

  • 神奈川県川崎市麻生区栗木2−6-15
  • 1957年(昭和32年)設立
  • Tel 044-981-2131
  • http://www.kohzu.co.jp/
設計部隊のアイデアと現場職人の勘とひらめきが一体となり、FA・R&D用装置の分野で、NASAも認めた「驚異の位置決め精度」を実現。

半導体から放射光まで広範な領域の精密機器を提供

コンパクトディスクやDVDの光ピックアップ組立・検査装置、液晶プロジェクター組立調整装置、CCDカメラ貼付調整装置、自動車ランプ類配光測定装置など最先端の産業を支える精密機器が多数ラインナップ。

X線の100年の歴史を飾る輝かしい成果が発展の基礎

神津精機が世界的に評価されているのは精度の高さ。その評価を固めたのは、1962年に開発したX線回折に使用する超精密ゴニオメーター。シリコン単結晶にX線を当て、ほんのわずか角度を変えると、波長が変わり、その性質までもわかるようになる。その角度は1度を36000分の1に分割する超高精度。発表当時世界の研究者をうならせるデータを出した。

精度の創造者

これら装置の心臓部は位置決めステージ。精度の高さと剛性がウリで、決まった位置に寸分の狂いもなく位置決めできる。このために、設計部隊と現場職人の間では常に精度にこだわった議論が展開され、開発依頼を受けた製品は営業、開発・設計、製造部隊がプロジェクトチームを組み、試行錯誤を繰り返しながら完成させる。そこから生まれたモンブランシリーズ精密位置決めステージは業界において、高精度位置決めステージのブランドとして認知されている。

このページの先頭へ