本文とサイドメニューへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 製品・技術を開発する  > 元気なモノ作り中小企業300社

元気なモノ作り中小企業300社


三木プーリ株式会社

印刷用PDF
2007年度

本コンテンツは、経済産業省発行の冊子に基づくため、内容は掲載当時のものであり、現在とは異なる場合もあります。また、修正等には対応できませんことご了承ください。


代表取締役社長
三木 治一

機械産業を支える高精度部品の製造

工作機械や半導体製造装置など幅広い分野で使用されている部品メーカー。様々な機械の性能を左右する重要部品の国内シェアは軸継手60%、ベルト式無段変速機80%、クラッチブレーキ14% 。

機械産業を支える高精度な部品

三木プーリ株式会社は軸継手や乾式単板電磁クラッチブレーキなどユニークで先進的な部品を開発し市場に提供することにより我が国の様々な機械産業の競争力を支えている。また、いち早くアメリカ、ドイツ、スイス、スウェーデンなど海外企業との共同開発・技術提携を進め、優れた部品を国内外に提供するなど、国際的にも貢献している。

部品性能が支える機械性能

機械の高速化、超精密化が進む中で、機械の性能はモーターや軸継手などの部品の性能に左右されるようになっている。
 三木プーリ株式会社は、我が国で初めてFEM(有限要素法)解析を用い、超剛性と取り付けに対する柔軟性を両立する軸継手を実現する画期的な設計を行った。この軸継手は、工作機械の主軸や送り部分の50%以上、また半導体製造装置の送り部分の40%以上に採用されており、他にも汎用インダクションモーターを利用した制御装置を業界で初めて導入するなど多くの先進的取組みを行っている。

技術を支える知的財産権の管理

競争力を支えるために知的財産権の重要性を早くから認識。知的財産権を社内で管理できるよう特許管理士を育てるなど積極的な人材教育に取り組んでいる。この功績により東久邇宮記念賞を受賞するなど知的財産権の取組みについても高い評価を受けている。

このページの先頭へ