本文とサイドメニューへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 製品・技術を開発する  > 元気なモノ作り中小企業300社

元気なモノ作り中小企業300社


株式会社サイカワ

印刷用PDF
2007年度

本コンテンツは、経済産業省発行の冊子に基づくため、内容は掲載当時のものであり、現在とは異なる場合もあります。また、修正等には対応できませんことご了承ください。


代表取締役社長
西川 正男

最小10ミクロンまで金属線を引き延ばす伸線機製造メーカー

最小10ミクロン(髪の毛の太さの1/8)まで金属線を引き伸ばす伸線機を製造。特に半導体IC・LSIに使用されるボンディングワイヤーの製造装置においては世界トップシェアを占める。

国内唯一の伸線機専業メーカー

1910年の創業当時は石油さく井機械の製造を行っていたが、金属線を引き延ばして電線を作る伸線機の製造・販売を1937年に開始。それ以来、電力ケーブル、通信ケーブル用電線、半導体用ボンディングワイヤーなど様々な伸線機を生み出し、現在では国内唯一の伸線機専業メーカーである。

髪の毛の太さ1/8まで金属線を引き延ばす

伸線機は、穴の入口が広く出口が狭い形状のダイヤモンド工具に材料線を通し、引っ張り出すことにより金属線を引き延ばす装置である。同社は、長年の経験と技術の蓄積により、現在では最小で10ミクロン(髪の毛の太さの1/8)まで金属線を引き延ばすことのできる極細線製造装置を製造している。

世界トップシェアを占めるボンディングワイヤー製造装置

同社は様々な伸線機を製造しているが、特に半導体IC・LSIに使用されるボンディングワイヤーの製造装置は世界トップシェアを占める。また、小型化が進むパソコン、携帯電話、デジカメ等の配線に用いられる薄く平らなフラットケーブルの製造装置においても世界で高いシェアを占める。このほか、最近では薄型テレビ製造等に使用されるステンレスワイヤー、極細同軸ケーブル用ワイヤーの製造装置などハイテク製品の生産に必要な伸線機の需要も高い。

このページの先頭へ