本文とサイドメニューへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 製品・技術を開発する  > 元気なモノ作り中小企業300社

元気なモノ作り中小企業300社


東亜電工株式会社

印刷用PDF
2007年度

本コンテンツは、経済産業省発行の冊子に基づくため、内容は掲載当時のものであり、現在とは異なる場合もあります。また、修正等には対応できませんことご了承ください。


代表取締役
辻田 恵一

摩擦圧接技術で高品質切削工具を製造

  • 富山県富山市中大久保129-1
  • 1940年(昭和15年)設立
  • Tel 076-467-2920
  • http://www.tdw.co.jp
刃部(高速度工具鋼)と柄部(特殊工具鋼)を摩擦圧接により接合した切削工具類では国内シェア70%を占める。

摩擦圧接で異材質の鋼材を接合した高品質切削工具類

ドリルやエンドミルといった切削工具類は、通常、刃部と柄部を異った材質の鋼材を摩擦圧接技術により接合している。
 同社は、摩擦圧接加工機のベッドやチャックをオリジナル部材で構成するとともに、回転数や圧力等、独自の機器管理により、高品質な切削工具類を量産化し、国内シェア70%を占める。

日々前進、勇気を持って大胆に

昭和15年の創業以来、摩擦圧接一筋に研鑽を重ね、高精度で安定した接合と仕上げ加工について独自ノウハウを蓄積し今日に至っている。切削工具類以外にもモーターフランジやその他機械部品等もこの摩擦圧接加工により製造し、高品質な製品を世に送り出している。

業務拡張のため海外展開も

国内での先行きが厳しい見通しの中、摩擦圧接による切削工具やその他製品を台湾メーカー向けに展開するため、平成10年に100%出資の現地法人を設立。台湾はボルトネジの生産で世界シェアの30%を占めるといわれており、このボルトネジを製造する分野に新たなマーケットを期待している。

このページの先頭へ