本文とサイドメニューへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 製品・技術を開発する  > 元気なモノ作り中小企業300社

元気なモノ作り中小企業300社


株式会社ヤマニ

印刷用PDF
2007年度

本コンテンツは、経済産業省発行の冊子に基づくため、内容は掲載当時のものであり、現在とは異なる場合もあります。また、修正等には対応できませんことご了承ください。


代表取締役社長
清水屋 眞

プラズマTVディスプレイ用電磁波遮蔽材の製造

  • 石川県加賀市大聖寺敷地ト-3
  • 1924年(大正13年)設立
  • Tel 0761-73-2230
極細糸を使用した産業資材用メッシュクロス製造及び販売。同社製品はグラフィック印刷から電子基板用、医療機器まで広範囲に亘る。プラズマTVディスプレイ用基布も最近の主製品である。

非衣料分野への業種転換

同社は地場産業であった加賀羽二重製造を行っていたが、昭和34年より非衣料分野を目指し業態転換。産業資材向けに特殊糸を使用した精緻織物技術に強みを持ち、スクリーン印刷用メッシュクロスから産業資材用メッシュクロス、医療機器用メッシュクロスを製造。メッシュクロス製造には経糸と緯糸の交差するマス目をより細かく、より均一に織るための技術が必要とされる。

極細糸技術による開発力

スクリーンメッシュ(印刷の版に使用する布)は様々な用途に用いられ、1インチあたり100メッシュ〜400メッシュと相当数のバリエーションが必要。平成15年度には線径27ミクロンの極細糸での電磁波シールド用基布の開発に成功した。成功のポイントは如何に均一なオープニング(糸と糸との間の隙間)を作るかであり、ユーザーの高度な要求水準をクリアし、製品化につながった。

新規市場への参入

平成17年にはPET(ポリエステル繊維)を超える高機能性ポリマーを使用した高機能性スクリーンメッシュの開発、平成18年には高密度、超薄メッシュクロスを開発する等、繊維産業の裾野拡大を目指し新規市場への参入を続けている。

このページの先頭へ