本文とサイドメニューへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 製品・技術を開発する  > 元気なモノ作り中小企業300社

元気なモノ作り中小企業300社


株式会社ダイニチ

印刷用PDF
2007年度

本コンテンツは、経済産業省発行の冊子に基づくため、内容は掲載当時のものであり、現在とは異なる場合もあります。また、修正等には対応できませんことご了承ください。


代表取締役
下村 尚之

「髪の毛より細い穴」をあける機械加工の便利屋

虫めがねでもよく見ないと分からない「髪の毛よりも細い直径0.02mmの穴」を開ける技術が、我が国の先端産業で必要とされている。

「1本のオーダーでも受注」人のやらないことをやる会社

超極細の穴加工から精密なネジ1本の試作まで、鍛え上げた微細加工技術と最新のマシーンを駆使して、「人のやりたくない仕事」、「1本のオーダー」でも嫌がらずに受注する。
 難しい注文は技術的な挑戦として引き受け、会社の技術的な財産となっている。

微細切削・穴加工技術に価格競争なし

「髪の毛よりも細い直径0.02mmの穴」を開ける微細切削加工技術は、これまで設計者が図面に入れたくても、穴加工できないと考えていた難しい技術であり、顕微鏡で確認しながらの研磨、独自でブレンドした切削液、加工回転数などのノウハウによって開発された。
 この技術力はロボットハンドの開発にも生かされるなど各種産業の試作開発を支えており、特殊な穴加工技術によって価格競争とは無縁になっている。

微細切削・穴加工技術が広げるさらなる展開

この微細切削・穴加工技術の応用は、2001年、人間と同様に物体の把持・操作ができる5本指のロボットハンド(岐阜大学工学部川崎・毛利研究室と共同開発)の開発につながり、現在では医療機器から航空機まで先端産業のあらゆる分野に広がっている。

このページの先頭へ