本文とサイドメニューへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 製品・技術を開発する  > 元気なモノ作り中小企業300社

元気なモノ作り中小企業300社


株式会社片岡機械製作所

印刷用PDF
2007年度

本コンテンツは、経済産業省発行の冊子に基づくため、内容は掲載当時のものであり、現在とは異なる場合もあります。また、修正等には対応できませんことご了承ください。


代表取締役
片岡 勲

ピストンリングを作る加工専用機を製造

世界でも2社しかないエンジン用のピストンリング加工専用機メーカーで、世界シェアは60%を超える。

レシプロエンジンにはピストンリングが必要

乗用車からバイク、船舶、建設機械、発電機さらにはF1レースカーなどレシプロ(往復運動)エンジンのピストンとシリンダーの間に介在するピストンリングは、摩耗、振動、高熱からエンジンを守り、燃焼効率の向上や排気ガスのクリーン化に貢献する重要な部品である。その加工専用機を国内をはじめ、世界23ヶ国のピストンリングメーカーに納入し、世界シェアは60%を超えている。

確かな品質・機能でユーザーの信頼に応える

ピストンリング加工専用機には、ピストンリングの形状的特異性と大量生産部品であることから、限りなく高い品質と生産性が求められる。また、エンジンの用途、使用目的によりリングのサイズも仕様も千差万別であり、直径25mmの超小形エンジンから1メートルを超える超大形エンジンまで対応し、さらには高機能車向けの薄さ0.35mmまでの加工が可能な専用機をオーダーメイドで開発している。

エンジンの進化とともに、技術開発の挑戦は続く

専用機には全て最先端のコンピュータ技術と独自のノウハウ(インテリジェントメカトロニクス)が組み込まれている。創業以来築き上げてきたコア技術・ノウハウをベースに、地球環境に優しい次世代エンジンの開発を旋削や研削技術から支えるべく、『ひるむことのない開発』を続けている。

このページの先頭へ