本文とサイドメニューへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 製品・技術を開発する  > 元気なモノ作り中小企業300社

元気なモノ作り中小企業300社


株式会社光機械製作所

印刷用PDF
2007年度

本コンテンツは、経済産業省発行の冊子に基づくため、内容は掲載当時のものであり、現在とは異なる場合もあります。また、修正等には対応できませんことご了承ください。


代表取締役
西岡 慶子

超硬工具、石英硝子などの難加工材用研削専用工作機械のトップメーカー

超硬工具、石英ガラスなどの難加工素材を最適な条件で研削するノウハウを機械に取り込み、業界屈指の超硬切削工具用研削盤メーカーとしての地位を確立。

熟練職人の技術・ノウハウを専用機に置き換え

同社が得意とするのは、超硬工具や石英硝子などの高硬度・高脆性の難加工素材を最適な条件で研削することである。熟練の職人が持つ独特の「勘」や技能、ユーザーからの厳しい要求に応える中で蓄積されたノウハウを機械に取り込み、高精度に自動化した専用工作機械を生み出している。
 その代表例は、8軸の多軸制御により熟練職人のみが可能な高度加工を実現した超硬刃物研削盤や、精密装飾部品の外周研削盤ラインなどである。
 このように高硬度・高脆性の難加工素材用の専用工作機械製造に特化し、常に新しい技術革新にチャレンジすることで、業界屈指の超硬切削工具用研削盤メーカーとしての地位を確立している。

工具の特性を知る強み

同社の特長は、切削工具の量産工場を有していることにある。自社の専用工作機械で工具を製造することにより、機械の加工性能評価を行い、その結果を機械の設計にフィードバックして専用工作機械の開発に当たるという循環ができている。この好循環が、専用工作機械の製作に係る技術の深化とノウハウ蓄積に大きく寄与しており、他社にはない強みとなっている。

このページの先頭へ