本文とサイドメニューへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 製品・技術を開発する  > 元気なモノ作り中小企業300社

元気なモノ作り中小企業300社


アイテック株式会社

印刷用PDF
2007年度

本コンテンツは、経済産業省発行の冊子に基づくため、内容は掲載当時のものであり、現在とは異なる場合もあります。また、修正等には対応できませんことご了承ください。


代表取締役
黒田 一郎

真空めっき、電着塗装など、多様な表面処理

眼鏡フレームの表面処理で国内シェア60%を誇る。さらにゴルフ用カーボンシャフトの表面処理においては世界シェア90%。

表面処理から眼鏡フレームのデザイン企画販売、新規事業まで

アイテック株式会社は、1948年の創業当時より、眼鏡フレームの装飾用金属めっきを中心として、表面処理全般の加工を行ってきた。眼鏡フレームの表面処理では国内トップシェアを維持している。また、表面処理だけでなく、クオリティーの高い眼鏡フレームのデザイン企画・販売も手がけている。
 さらに、眼鏡フレームの表面処理で培った技術力を生かし、新規事業分野として、デジタル情報家電、スポーツ用品分野製品の表面処理にも進出している。

多種多様な表面処理技術を確立

同社は、金属眼鏡フレームのファッション化に取り組み、金属装飾においては、金属めっき、真空めっき、吹付塗装、電着塗装など、多種多様な表現を可能としている。
 特に、真空めっき装置は、14台を揃え、各種要望に応えている。表面処理の素材も、ステンレスをはじめ、チタン、アルミニウムなど、多くの素材をカバーしている。現在は、マグネシウムへの表面処理の開発にも取り組んでいる。
 また、独自の機能めっき分野の技術として、低摩擦抵抗の表面処理の開発などにも積極的に取り組んでいる。

高度な表面処理技術で更なる飛躍を目指す

同社が培ってきた高い技術力を活かし、装飾分野から機能分野の表面処理加工へと進出し、オンリーワンの技術を確立すると共に、表面処理技術をコアとして新規事業部門の拡充を目指し、自動車分野などの需要に応えていく。

このページの先頭へ