本文とサイドメニューへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 製品・技術を開発する  > 元気なモノ作り中小企業300社

元気なモノ作り中小企業300社


近江鍛工株式会社

印刷用PDF
2007年度

本コンテンツは、経済産業省発行の冊子に基づくため、内容は掲載当時のものであり、現在とは異なる場合もあります。また、修正等には対応できませんことご了承ください。


代表取締役
坂口 康一

リング鍛造の技術と精度で新幹線の車軸用軸受を鍛造

リング鍛造技術を極め、新幹線の車軸用軸受部品の鍛造で7割以上のシェア。大型リングの製造では、精度、耐久性で差別化することにより独自の市場を築く。

造船、建機、一般産業機械に不可欠な大型リング

世界最大級(最大径5m、最大高さ1.6m、最大重量25t迄)の大型リングが鍛造出来るローリングミルにより、造船、建機、一般産業機械に無くてはならない大型リングの鍛造を行っている。熱処理、機械加工までの一貫ラインにより、品質と耐久性に優れた安定した製品を供給する。

新幹線の車軸用軸受け部品鍛造で7割のシェア

真円度、表面性状等の測定技術に裏打ちされた職人技による鍛造で、極めて過酷な使用条件に耐える新幹線用の軸受けのリング部品を生産している。

一貫生産で高い競争力

量産品では、全自動のローリングラインと産業用ロボットの活用により、品質の安定と低コスト化を徹底。熱処理、仕上げ加工のラインと後加工のデータを蓄積することにより、さらに品質を向上し、輸送コストの削減を追求。品質による差別化と併せて、アジアとの関係で競争力を維持している。

このページの先頭へ