本文とサイドメニューへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 製品・技術を開発する  > 元気なモノ作り中小企業300社

元気なモノ作り中小企業300社


長島精工株式会社

印刷用PDF
2007年度

本コンテンツは、経済産業省発行の冊子に基づくため、内容は掲載当時のものであり、現在とは異なる場合もあります。また、修正等には対応できませんことご了承ください。


代表取締役
長島 善之

唯一の「三面摺りによるキサゲ摺り合わせ」

超精密加工や高能率加工の工作機械の製作に不可欠な、「三面摺りによるキサゲ摺り合わせ」が国内で唯一可能。

輸入工作機械の修理から超精密加工分野へ進出

当初は輸入工作機械の修理・オーバーホールから開始したが、大手電器メーカーからの依頼により、工作機械のなかでも「産業のコメ」と言われる金型製作や超硬・セラミックなどの難削材加工にはかかせない「超精密成形平面研削盤」という機械を開発した。同社の研削盤は世界に類を見ない切込み追従・復元精度(±0.001mmを10年保証)を誇り、従来の金型メーカーだけでなく半導体メーカー・光学機器メーカー等超精密加工分野にも受け入れられるようになった。

国内で唯一の「三面摺りによるキサゲ摺り合わせ」による機械製作

同社は、「三面摺りによるキサゲ摺り合わせ」で機械製作を行っている。超精密加工や高能率加工を行う為の工作機械にはなくてはならないこの製作手法を用いることができるのは国内では同社しか存在せず、海外からも多くの引き合いがある。特に中国では西安に独資の製造販売会社を設立し、日本と同等の機械を提供している。最近、国内第3工場の建設に着手し、より効率化された生産体制を構築し、ユーザーの要望による新製品の開発拡充に応えていく。

超精密研削盤の生産拡大を目指して

従来の「超精密成形平面研削盤」に加え、多くの製作依頼がある「超精密外径研削盤」の生産拡大や設立当初から評価されているジグ研削盤ねじ研削盤等の修理・オーバーホール部門の拡充を目指す。

このページの先頭へ