本文とサイドメニューへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 製品・技術を開発する  > 元気なモノ作り中小企業300社

元気なモノ作り中小企業300社


株式会社キャットアイ

印刷用PDF
2007年度

本コンテンツは、経済産業省発行の冊子に基づくため、内容は掲載当時のものであり、現在とは異なる場合もあります。また、修正等には対応できませんことご了承ください。


代表取締役社長
津山 晃一

世界最高水準のリフレクター製造

反射素子の自社開発及び金型製作〜精密成形〜自動組立を社内で一貫生産し、ペダルリフレクター(反射板)では国内シェア約70%、海外シェア約40%。

世界標準を見据えた製品開発

同社は、1957年に日本ではじめて本格リフレクターを発表し、常にユーザーニーズをいち早くキャッチし、高品質の製品を提供し続けている。特にリフレクターは世界8カ国10団体の安全規格をクリアしている。また、プラスチックレンズの3D光学設計と精密成形技術による高性能自転車用ヘッドランプ及びエレクトロニクスの高精度計測システム技術を応用した自転車用スピードメーターなどの新しいカテゴリーの製品分野への参入も積極的に取り組んでおり市場の拡大を図っている。

安定的製品供給のための一貫生産による強み

自転車用リフレクターにおいては、世界各国の規格をクリアーさせ、安定的に供給を図るため、反射素子の自社開発及び金型製作〜精密成形〜自動組立を社内で一貫生産し、世界各国にリフレクターを提供している。中でもペダルリフレクターは年間約3,500万台の自転車に装着されており、国内では約70%、海外では約40%のシェア(規格義務付け国において)を占めている。

世界ニーズに応える高性能・環境に優しい新商品開発

今後はコスト競争の激化に打ち勝つため世界のニーズに合った高性能リフレクターの開発を進め、世界各国に提供するとともに、太陽電池を使った環境に優しいLED発光式フラッシング&セーフティライトとの複合商品の開発も進めている。

このページの先頭へ