本文とサイドメニューへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 製品・技術を開発する  > 元気なモノ作り中小企業300社

元気なモノ作り中小企業300社


株式会社特発三協製作所

印刷用PDF
2007年度

本コンテンツは、経済産業省発行の冊子に基づくため、内容は掲載当時のものであり、現在とは異なる場合もあります。また、修正等には対応できませんことご了承ください。


代表取締役社長
片谷 勉

長年の技術が光る薄板ばね専門メーカー

設計から試作・量産まで一貫生産を行う薄板精密加工のスペシャリスト。納期・設計の変更にも素早く対応。

製造している薄板ばねは2000種類にも及ぶ

株式会社特発三協製作所は、板厚0.05〜2.00mmの指先大から手のひら大の薄板金属(ステンレス、特殊鋼、リン青銅)の試作・金型製作から量産加工(マルチフォーミング加工・順送プレス加工) を行っている。現在では約2000種類もの薄板ばねを製造している。

設計から試作・量産までの一貫生産

同社の中には、世間でいわれる試作屋・金型屋・プレス屋が同居している。量産前の試作製作は1個から行っている。量産金型を自社製作し、納期・設計変更に素早く対応している。量産加工は、マルチフォーミング25台・プレス10台で行っている。
 自動車・カーオーディオ・家電・給湯器と多岐にわたる部品について、100個ロットから100万個ロット程度まで、多品種少量生産から大量生産までの対応が可能である。
 また、クリップ・皿ばね・ウェーブワッシャー(波座金)などの取り付け時に荷重が必要な薄板ばねの加工も得意技術の一つである。

IT化推進と長年培った技術力で市場拡大を目指す

多品種少ロット型生産管理システムの構築などで、ムダ取り・見える化のさらなる推進を行う。また、これまで培ってきた試作から製造までを短期に一貫生産できる技術力を積極的にPRし、さらなる市場拡大を目指す。

このページの先頭へ