本文とサイドメニューへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 製品・技術を開発する  > 元気なモノ作り中小企業300社

元気なモノ作り中小企業300社


高木彫刻株式会社

印刷用PDF
2007年度

本コンテンツは、経済産業省発行の冊子に基づくため、内容は掲載当時のものであり、現在とは異なる場合もあります。また、修正等には対応できませんことご了承ください。


代表取締役
高木 玉和

さまざまな印刷やコーティングに必要なロールを製版加工

布地プリント用捺染ロールの彫刻に日本で初めてフォトエングレイビングを開発、導入。ロール彫刻専門業者としては国内トップ(シェア60%)。どんなに複雑で精密な模様でも、より早く、より正確にロールに刻み込む。

捺染用銅ロール彫刻専業メーカーとしてスタート

和歌山の地場産業であったリンネル産業。そのリンネル製品に柄模様をつけるための捺染用銅ロールの彫刻専業メーカーとして同社はスタートした。捺染用ロールや各種スクリーンを使った美しい鮮やかなプリント生地は人々のファッションに多様性を与えた。

繊維から非繊維関連製品への拡大

ロールの彫刻技術を常に高度化、発展させている。壁紙や天井材などの住宅資材用ロール、食品へのプリントロール(チョコレート、ビスケット、ケーキなどの模様)、また、ロールへのメッキ加工、デジタル製版、エンボスロール、エッチング等の技術を組み合わせた電子機器部品としての電鋳ニッケル箔(リチウム電池、基盤の過電流防止用防爆スイッチ他)の製造などあらゆる分野で利用されている。

従来のアナログ技術と最新のデジタル技術の融合により、お役に立つ製品の提供

コンピュータ画像処理システム、レーザー彫刻や電子彫刻システムの導入により、より精密な加工処理を実現。10ミクロン(0.01ミリメートル)の微細レーザー露光の利用により、100ミクロン(0.1ミリメートル)以下のラインワークも可能とした。
 さまざまな印刷やコーティングならびにエンボス加工に関わる製造業者の要望に応え、喜んでいただく製品提供につとめている。


(注) 一部旧字については新字に置き換えています。

このページの先頭へ