本文とサイドメニューへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 製品・技術を開発する  > 元気なモノ作り中小企業300社

元気なモノ作り中小企業300社


株式会社エコマ商事

印刷用PDF
2007年度

本コンテンツは、経済産業省発行の冊子に基づくため、内容は掲載当時のものであり、現在とは異なる場合もあります。また、修正等には対応できませんことご了承ください。


代表取締役
石田 康雄

ペットボトルキャップのリサイクルによる景観建材

ペットボトルのキャップなどを原料に、木肌のような温もりのあるリサイクル建材を開発。

温もりのある景観材料を提供

同社は、廃自動車のバンパーや独自のルートで回収したペットボトルのキャップを原料としたリサイクル建材の用途開発・販売を行っている。この建材は、比重が0.73と軽いうえに衝撃に強く加工も簡単で、また、表面が自然に波状模様となり木肌のような温もりがあるため景観材料として最適なものとなっている。

独自のルートでペットボトルのキャップを調達

同社は、地域住民の協力を得て使用済みのペットボトルのキャップを、公民館に設置した回収ボックスで回収している。この回収システムは、同社の原料調達にかかるコストを低減するのみならず、地域の子供たち対する環境意識の醸成にも寄与している。

景観材として様々な現場に設置

同社のリサイクル建材で製作した階段や屋外デッキは公園や学校に設置されているほか、丈夫で軽いことから浮き桟橋や浮島など水辺の構造物や屋上緑化用建材としても利用されている。国や自治体もリサイクルの促進等のためその利用を奨励しており、また、平成18年に、環境負荷の低減に配慮した優れた製品・サービスに与えられる第3回エコプロダクツ大賞の奨励賞を受賞している。

このページの先頭へ