本文とサイドメニューへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 製品・技術を開発する  > 元気なモノ作り中小企業300社

元気なモノ作り中小企業300社


荻野工業株式会社

印刷用PDF
2007年度

本コンテンツは、経済産業省発行の冊子に基づくため、内容は掲載当時のものであり、現在とは異なる場合もあります。また、修正等には対応できませんことご了承ください。


代表取締役
荻野 武男

蓄積された旋削技術で自動車の心臓部品を製造

蓄積され進化した技術により、革新的加減速効率を実現する「中実式高精度ベアリングギア」で新たな事業化を目指す。

自動車部品で高い専門性を要する旋削技術が強み

同社は、素材から完成品に至る一貫生産を可能とする高い精密旋削加工技術を有しており、その技術をベースに自動車の心臓部であるエンジン、ブレーキ、ミッション関係の部品を製造している。また、経験が豊富で熟練した技能者が製造に携わることにより高品質で安定した部品を提供している。

革新的加減速効率を実現する「中実式高精度ベアリングギア」

同社は、他社との連携により、自動車用ハンドルアシスト装置の中枢部品として、動力伝達効率に優れた革新的加減速効率を実現する中実式高精度ベアリングギアを開発し、国内の自動車メーカー向けに量産を目指している。このギアは従来のものに比べ、耐久性、静粛性、コンパクト性にも優れ、自動車分野のみならず産業機械分野等広範な市場の拡大が見込まれている。

自動車部品からコンピュータ関連部品へと事業領域を拡大

積み重ねてきた精密旋削加工技術を活かし、パソコン用ハードディスクドライブのモーター部品など、さらに精密な加工が要求される分野へと事業領域を拡げている。

このページの先頭へ