本文とサイドメニューへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 製品・技術を開発する  > 元気なモノ作り中小企業300社

元気なモノ作り中小企業300社


坂東機工株式会社

印刷用PDF
2007年度

本コンテンツは、経済産業省発行の冊子に基づくため、内容は掲載当時のものであり、現在とは異なる場合もあります。また、修正等には対応できませんことご了承ください。


代表取締役
坂東 茂

自動車用ガラス研磨機世界トップ企業

世界6カ国で特許を有する、自動車用ガラス研磨機トップメーカー。国内シェア80%、海外シェア60%。

製鏡研磨機製造部門としてスタート

昭和9年に建築用板ガラス店としてスタートした、坂東ガラス店の製鏡研磨機の製造部門として、昭和43年に独立し同社設立。
 近年来、ガラス加工は多様化・高度化し、これに伴い加工機械は多種多彩に渡り、かつ高度化・スピード化が要求されている。その中で、同社は常に時代の要請にこたえるため、新しく高度な技術の開発に全力を注力。ハイテクを駆使して、付加価値の高い各種ガラス加工機を開発してきた。

世界トップシェアーを誇る企業へ

同社の開発した機械の中で、15年前に開発・世界6カ国で特許を取得した、「自動車用窓ガラスの切断・折研磨機」は、従来は切断機と研磨機の2台の機械を使い、NC制御のコンピュータも1台の機械に1つ必要になっていたものが、同社の機械は全て1台の機械で行うことが出来、加えてコンピュータの調整・連携に半年以上の試運転が必要となっていたものが、1週間の同社からの指導で、稼動できる大きなメリットがある。
 また、自動車の車種等いかなる形式の変更でも、時間を取らずに加工することが可能となる機械で、世界6カ国で特許を取得したことにより、世界60%のトップシェアを誇っている企業。今後についても、追随する企業もなく各国からのニーズも高まる一方である。

このページの先頭へ