本文とサイドメニューへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 製品・技術を開発する  > 元気なモノ作り中小企業300社

元気なモノ作り中小企業300社


株式会社スワニー

印刷用PDF
2007年度

本コンテンツは、経済産業省発行の冊子に基づくため、内容は掲載当時のものであり、現在とは異なる場合もあります。また、修正等には対応できませんことご了承ください。


代表取締役
三好 鋭郎

身体を支え、杖にも使える「ウォーキングバッグ」

商品名「ウォーキングバッグ」は、旅行、ビジネス、買い物用だけではなく、カバンでも杖でもないユニバーサルデザイン、即ち「バッグ付の動く手すり」という市場を創設。

新規事業展開

元来、東かがわ市地場産業である、各種「手袋」の製造販売業者。スキー等のグローブでは「スワニー」ブランドが米国でのシェア15%の第2位。
 海外出張が多い三好社長の「カバンを軽くしたい」という強い思いで、研究・開発を続け、手袋と共に事業の柱となる「新たなバッグ」分野を創設。

独自の着眼点

三好社長は生後間もなく小児麻痺で右足を悪くしながらも、杖の何倍も体を支えるトランクにもたれて、地球を百周しつつ手袋の営業を続けた。自らのニーズは足腰の弱い人々の必需品になると確信し、バスや電車に乗せ易いトランクの小型化、すなわち「ウォーキングバッグ」が誕生した。

身体を支えるハンドル

試行錯誤中に「ハンドルを湾曲(7カ国で特許)させると握りが中央によってくる」という夢を見た。その結果、ハンドルにもたれて全身が支えられるようになり、直進性まで良くなった。さらに、従来の引っ張るキャリーバッグの1/6の力で楽々と歩け、体の横で押せるので後ろの人に迷惑にならず、人ごみや改札口などをスムーズに通り抜けることができる。オイルレス軸受けの滑らかなキャスターを開発し、騒音も軽減。

このページの先頭へ