本文とサイドメニューへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 製品・技術を開発する  > 元気なモノ作り中小企業300社

元気なモノ作り中小企業300社


池内タオル株式会社

印刷用PDF
2007年度

本コンテンツは、経済産業省発行の冊子に基づくため、内容は掲載当時のものであり、現在とは異なる場合もあります。また、修正等には対応できませんことご了承ください。


代表取締役
池内 計司

風で織るタオルで世界にオーガニックコットンを発信

環境と人間に優しいタオル作りにこだわり、今治伝統のタオルからコアなユーザーを内外に持つブランドを作り出した。取引先の倒産による民事再生法適用後もファンの支持をバックに再生を果たす。

体に優しい究極のタオル

KRAV(スウェーデン)やBIO-INSpECTA(スイス)で認定された枯葉剤を使用しない有機栽培綿(オーガニックコットン)100%のタオルの原綿はペルーやインドの認定農地で栽培し、認定紡績工場で紡糸するという極めて厳しい規定で作られた有機栽培綿で、最終仕上げは石鎚山系の地下水(バージンウォーター)を使う。一枚3,360円のタオルはスイスのエコテックスの安全規格をクリアし、その安全・安心にこだわったコンセプトで世界の市場において支持されている。

風力発電の利用によりCO2削減効果はバスタオル1枚で約370g

日本で最初の小電力契約企業で、使用電力の100%を秋田県の能代風力発電所から買電で供給。「グリーン電力証書システム」により年間40万kwの風力発電の委託契約。現在年間電力使用量の100%を風力発電でまかなうのは日本で最初の会社となった。

一貫したコンセプトで海外の支持を獲得

New York Home Textile Show 2002 Springで「ストレーツカラーソリッド」がBest New Products Awardを受賞。統一されたコンセプトデザインを好む欧米で支持される。

このページの先頭へ