本文とサイドメニューへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 製品・技術を開発する  > 元気なモノ作り中小企業300社

元気なモノ作り中小企業300社


株式会社中村電機製作所

印刷用PDF
2007年度

本コンテンツは、経済産業省発行の冊子に基づくため、内容は掲載当時のものであり、現在とは異なる場合もあります。また、修正等には対応できませんことご了承ください。


代表取締役社長
中村 直紀

種々の防爆構造製品の開発・提供

防爆技術を中心として基幹産業であるエネルギー業界と深い関連。その技術は産業用プラント機器として、海外に雄飛。

防爆のナカムラ

株式会社中村電機製作所は、昭和21年11月に、鉱山用電気機器の修理サービスを主事業として創業。その後、工場用電気機器の防爆化、防爆電気・電子機器の製造分野へ進出。現在は、防爆電気機器、制御機器を製造販売。この間、防爆型製品の開発に積極的に取り組み「防爆のナカムラ」と称されるまでに業界に社名が浸透し、今日、世界22カ国に製品を納入している。

あらゆる種類の防爆構造に対応

防爆方法(構造)には、「耐圧防爆構造」、「本質安全防爆構造」、「内圧防爆構造」等があるが、同社は、これらの防爆構造に対応した試験装置を社内に整備しており、需要先の要望に応じ、設計・製作・検定取得が実施できる体制を構築している。特に、耐圧防爆構造の爆発試験槽は、制御機器防爆メーカーとしては最大級である。また、携帯電話、漏液検知器、圧力センサ、温度センサなどの多種類の防爆化製品を開発している。

FA機器の防爆化も開発

近年、爆発危険場所での電気製品、IT機器などの使用要望が増加。同社は、電気冷蔵庫やバーコードスキャナーなどの防爆化で成果を挙げている。また、パソコンについても、これまで爆発危険場所で作動できるものがなかったが、CPU、キーボード、CRTを一体的に防爆化した「防爆パソコン」の開発に成功し、平成17年2月より販売を開始している。

このページの先頭へ