本文とサイドメニューへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 製品・技術を開発する  > 元気なモノ作り中小企業300社

元気なモノ作り中小企業300社


株式会社堀尾製作所

印刷用PDF
2006年度

本コンテンツは、経済産業省発行の冊子に基づくため、内容は掲載当時のものであり、現在とは異なる場合もあります。また、修正等には対応できませんことご了承ください。


代表取締役
堀尾 正彦

亜鉛ダイカストで究極の高精度を追求

創意工夫と技術の改善で高品質、高精度、低コストを実現。DVD レコーダーの光ピックアップ部品で世界シェアの約30%を獲得。

高精度が求められる光部品で世界シェア30%

DVD レコーダーの光ピックアップ部品(DVD の情報をレーザーで読み取る部品)では、レーザー光の入射・反射角度のズレが致命傷となるため、レーザー光源及び受光部を固定する金属部品においても 1,000 分の 1ミリメートルでの高精度が求められている。株式会社堀尾製作所では、従来難しいとされていた亜鉛ダイカストでの高精度鋳造を実現。月産1,000 万台以上を安定的に供給し、光ピックアップ部品で世界シェアの約 30% を占めるまでに至った。 ※ ダイカストとは、溶融金属を精密な金型に圧入することにより、高精度で鋳肌の優れた鋳物を大量に生産する鋳造方法の一種であり、自動車部品、精密機器部品、電器・通信部品などの生産に使用されている。

創意工夫と技術の改善で高品質、高精度、低コストを実現

株式会社堀尾製作所では、(1)自社で金型の設計から製作まで行うことで精密さを極限まで追求、(2)既製ダイカストマシンを自社で改造したうえで使用、(3)生産技術や製造工程に人の経験や知恵を付加し常に改善、することなどにより、他社では真似ができないほどに亜鉛ダイカスト製品の品質・精度を高め、低コストでかつ安定的に生産できるようになった。2001年には、このような技術の改善に対し、創意工夫功労者表彰文部科学大臣賞を受賞した。

世界に認められた亜鉛ダイカスト製品の品質

光ピックアップ部品以外にも精密亜鉛ダイカスト部品の引き合いが世界各国のメーカーから相次いでいる。ドイツの高級自動車の部品や人気家庭用ゲーム機のコントローラスティック部品にも使用され、世界的な携帯電話メーカーに納入したアンテナ用のネジ部品の中には世界標準となったものもある。

このページの先頭へ