本文とサイドメニューへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 製品・技術を開発する  > 元気なモノ作り中小企業300社

元気なモノ作り中小企業300社


株式会社松栄工機

印刷用PDF
2006年度

本コンテンツは、経済産業省発行の冊子に基づくため、内容は掲載当時のものであり、現在とは異なる場合もあります。また、修正等には対応できませんことご了承ください。


代表取締役
小林 敬

磁気を用いた非接触の動力伝達装置を実用化

産学連携と、独自に開発した磁気歯形状及び、着磁技術で歯車等の伝達機構の非接触化を実現。「無発塵」「メンテナンスフリー」「低騒音・低振動」に寄与。

歯車等の伝達機構を非接触で実現

歯車等の伝達機構を非接触で実現することは、技術者にとっての長年の夢であった。一方、原理的にその存在は知られていたが、今まで市場でお目にかかったことが無かったのが、磁気式歯車装置であった。株式会社松栄工機では、同社の精密加工技術をベースに、産学連携により非接触の磁気式歯車装置の実用化を、世に先駆け達成した。

壁を介した動力伝達が可能

非接触磁気式歯車装置は、動力を伝達するための歯車が接触していないため、歯車が噛み合うことによる発塵がなく、クリーンルームなどのクリーン環境下での動力伝達に適している。また、壁を介した動力伝達が可能となるため、食料品等の攪拌機の動力伝達用としての利用にも適している。非接触磁気式歯車装置は、今後、様々な用途での利用が見込まれている。

産学連携で創造開発型製品を送り出す企業を目指す

株式会社松栄工機は、産学連携(東北学院大、工学研究科鶴本研究室)により、既存の技術に捉われない新たなシーズを開拓し、創造開発型製品を送り出す企業を目指している。

このページの先頭へ