本文とサイドメニューへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 製品・技術を開発する  > 元気なモノ作り中小企業300社

元気なモノ作り中小企業300社


有限会社タンゲ製作所

印刷用PDF
2006年度

本コンテンツは、経済産業省発行の冊子に基づくため、内容は掲載当時のものであり、現在とは異なる場合もあります。また、修正等には対応できませんことご了承ください。


代表取締役
田家 泰明

タップ&プレス同時加工の金型でネジ穴付き部品に特化

あらゆる分野に欠かせないネジ穴付き部品において、ネジ穴加工(タップ加工)とプレス加工を同時に行うことで、低コスト、高品質、しかも不良品ゼロを実現。

あらゆる分野に欠かせないネシ穴付き部品

電子機器や自動車、眼鏡等、ハイテク製品から日用品まで生活のありとあらゆる分野で使われているネジ穴付き部品は、これまで、プレス加工の後に別工程でネジ穴をつくる加工(タップ加工)を行っていたことから、手間がかかり、品質維持やコスト削減にも限界があった。

タップ&プレス同時加工で、低コスト、高品質、しかも不良品ゼロを実現

もともと大手電機メーカーの下請け仕事が中心だった有限会社タンゲ製作所は、プレス加工の自動化とタップ加工で培った独自のノウハウをもとに、金型内でプレスとタップが同時に加工出来る「タップ加工付き順送金型」の開発に成功。これにより、不良品ゼロ、工程短縮と大幅なコスト削減を実現するとともに、高品質なネジ穴付き部品の量産が可能となった。

携帯電話や人気ゲーム機を支えるオンリーワン技術

現在、同社は、「ユーザーをいかに感動させられるか、そのためには一点集中で技術を磨く必要がある」との考えから、ネジ穴付き部品の分野に特化しており、その技術でつくるネジ穴の大きさは、手作業や単純なプレス加工では到底実現不可能な1ミリメートルまで対応可能。同社が作る安価で高品質な部品の評価は高く、携帯電話や人気ゲーム機などにも幅広く採用されているほか、さらに、技術を極め、オリジナル製品の開発にも余念がない。

ネジ穴付き部品の一例・プレス加工機

このページの先頭へ