本文とサイドメニューへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 製品・技術を開発する  > 元気なモノ作り中小企業300社

元気なモノ作り中小企業300社


株式会社アライヘルメット

印刷用PDF
2006年度

本コンテンツは、経済産業省発行の冊子に基づくため、内容は掲載当時のものであり、現在とは異なる場合もあります。また、修正等には対応できませんことご了承ください。


代表取締役
新井 理夫

世界中のトップドライバーが信頼性で選ぶヘルメットメーカー

  • 埼玉県さいたま市大宮区東町2-12
  • 1976年(昭和51年)設立
  • Tel 048-641-3825
  • http://www.arai.co.jp
熱硬化性樹脂製のヘルメットでは、国内50%以上のシェア。安全性に対する信頼性が高く、F1ドライバーの半数以上が同社のヘルメットを使用。

独自に設けた自社規格「アライ規格」

他社のヘルメットが走行の快適性を重視しているのに対し、「Arai(アライ)」が求めているのは、転倒時の安全性。その思想は、ヘルメットメーカとしての立場から安全性能を厳しく追求し、「アライ規格」という自社規格を設定することに現れている。
  これは、スネル規格(米国の世界で最も厳しいヘルメットの安全規格)より厳しい条件が設定されており、スネル規格の審査を確実にクリアできる内容となっている。
  スネル規格として販売するアライ製品すべてに適用されており、レース用、一般用に関係なくこの社内規格をクリアしたものが、アライの認定したスネル規格品として出荷される。

多くのトップドライバーが使用

このように、安全性に対する信頼性が高く、国内のトップドライバーはもとより、F1ドライバーの半数以上が使用するなど高い評価を得ている。

GP-5RC(レーシングカーボン)

このページの先頭へ