本文とサイドメニューへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 製品・技術を開発する  > 元気なモノ作り中小企業300社

元気なモノ作り中小企業300社


株式会社GNS

印刷用PDF
2006年度

本コンテンツは、経済産業省発行の冊子に基づくため、内容は掲載当時のものであり、現在とは異なる場合もあります。また、修正等には対応できませんことご了承ください。


代表取締役
山田 長政

高粘度接着剤を高圧で注入し、建造物を補強

歴史的建築物から最先端コンクリート建造物までさまざまなものを補強するため、高粘度接着剤注入機を開発し、国内シェア70%を獲得。

ひび割れ補修・補強グラウト機器で国内トップ

ひび割れ補修後の状態二十世紀に建てられた歴史的建造物のコンバージョン、またマンション・ダム・橋梁・トンネル・高層ビル地下ピット等の防水・止水・補強の社会的ニーズが高まる中、補修・補強に不可欠なひび割れ補修・補強グラウト機器で国内シェア70%を獲得。

トンネルの止水に大活躍

日本国内にて、マンション・ダム・橋梁・トンネル・高層ビル地下ピット等の補修・補強については、外部からの補修を行うのが常識であった。ただし、外部からの補修では見た目には綺麗に仕上がるものの、補強・防水・止水の効果は限定的なものであった。
  東京アクアラインのトンネル工事では止水・防水補強がままならず悪戦苦闘していたが、当社が開発した高圧注入機によりほぼ完璧に止水・補強ができた。

歴史的建造物の補強にも応用

接着剤注入機当該商品は用途が広がり、コンクリート用接着剤として歴史的建造物のコンバージョンにも利用されるようになった。代表例としては横浜赤レンガ倉庫・旧首相官邸などが挙げられる。横浜赤レンガ倉庫補修後の検査でレンガの7倍の強度を持つことが実証された。
  当社は国内のひび割れ補修・補強高圧注入機の先駆者。国内・米国に特許を有し、今後は海外を含めた販路拡大が見込まれる。

このページの先頭へ