本文とサイドメニューへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 製品・技術を開発する  > 元気なモノ作り中小企業300社

元気なモノ作り中小企業300社


株式会社ネツシン

印刷用PDF
2006年度

本コンテンツは、経済産業省発行の冊子に基づくため、内容は掲載当時のものであり、現在とは異なる場合もあります。また、修正等には対応できませんことご了承ください。


代表取締役社長
今村 郁

白金測温抵抗体で脚光、温度計のトータル企業

白金測温抵抗素子を使用した温度センサーのトップメーカー。白金測温抵抗素子を「限りなく点に近づける」をテーマに多機種に渡る温度計の開発に成功し、白金測温抵抗素子の国内シェアは70%を超えている。

白金測温抵抗素子を『限りなく点に近づける』をテーマに開発に従事

白金測温抵抗素子設立以来、温度に関する事業に特化し、蓄積してきた独自の技術力により、世界でもっとも小さく“ごまより小さい”白金測温抵抗素子を開発。さらに、世界最薄の厚さわずか0.2ミリメートルのフィルム型白金測温抵抗体を開発した。これは、2005年に日刊工業新聞社モノづくり部品大賞奨励賞を受賞している。白金測温抵抗素子は、国内に限らず世界各国の国立研究所でも使用されるなど海外でも高い評価を得ている。

高精度でレスポンス(応答速度)の速い温度計測が可能

熱伝導や熱容量を小さくした小型白金測温抵抗素子は、精度が高く安定性に優れレスポンスが速いことから半導体・バイオテクノロジー・食品業界等の工業計測分野で幅広く利用されている。さらに、高精度・高速度・多点同時計測が可能な次世代温度計測器は、これまで以上に温度分布の変化を高速・高精度で捉える事を目的とした計測システムを構築することができ、半導体等の品質向上・安定供給が可能となる。

次世代温度計測器とフィルム型白金測温抵抗体

BGMが流れる明るい雰囲気の中で技術の向上を目指す

標準室での測定作業ものを作る上で温度計測と温度制御は大事なファクターなので、同社では温度の信頼性(トレーサビリティ)をユーザーに提供するため、標準室で国際的な温度目盛ITS-90に基づき温度計の校正を行っている。また、職場の環境面では、社内全体にBGMを流し作業者にストレスを与えないように明るい職場作りを行っている。

このページの先頭へ