本文とサイドメニューへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 製品・技術を開発する  > 元気なモノ作り中小企業300社

元気なモノ作り中小企業300社


ヱビナ電化工業株式会社

印刷用PDF
2006年度

本コンテンツは、経済産業省発行の冊子に基づくため、内容は掲載当時のものであり、現在とは異なる場合もあります。また、修正等には対応できませんことご了承ください。


代表取締役
海老名 信緒

新素材・難めっき材のめっきならヱビナにおまかせ

各種プラスチック、高機能ガラス、セラミックス、レアメタル合金等の新素材やめっき加工が難しい素材への高い表面処理技術を持ち、常に研究開発と投資を続けて業界の一歩先を行く企業。

めっき加工における技術・管理水準は業界トップレベル

密着性、耐食性、精度など高度な技術と品質が要求される「電気めっき」「無電解めっき」を中心としためっき加工における技術・管理水準は業界トップレベルとして高い評価と信頼を得ている。

電磁シールドメッキ技術などは業界の先駆者

装飾めっきした携帯電話部品(ボタン部分)特に、パソコンや携帯電話に使われる電磁波シールドめっき、パソコンやデジカメの筐体に使われるマグネシウムの防錆化成処理、セラミックス、高性能ガラスなどのめっき技術は業界に先駆けてヱビナ電化工業株式会社が開発に成功したもの。

データを蓄積したノウハウが他を追随させない強み

その背景には、めっきで最も難しいのはめっき液の管理とも言われ、職人の経験と勘で行っていたものを、めっき液組成の成分を分析し厳密に管理。そのデーターを蓄積したノウハウが他を追随させない強みとなっている。 

めっきの試作準備作業・電気銅めっきの分析作業

このページの先頭へ