本文とサイドメニューへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 製品・技術を開発する  > 元気なモノ作り中小企業300社

元気なモノ作り中小企業300社


小松ばね工業株式会社

印刷用PDF
2006年度

本コンテンツは、経済産業省発行の冊子に基づくため、内容は掲載当時のものであり、現在とは異なる場合もあります。また、修正等には対応できませんことご了承ください。


代表取締役
小松 節子

精密機械産業を支える超精密スプリングの専門メーカー

精密機械産業を支える金属製精密ばねを専門に生産。徹底した品質管理は、取引先での無検査納品を実現し高い信頼性を獲得。

あらゆる精密機械の中に使われる多様なばねを生産

同社製造のばね小松ばね工業株式会社は、創業以来14万種類、年間3千種・約12億個のばねを生産。
  線径ミクロン単位から2ミリまでの精密線ばねを専門に製造。電子機器、自動車部品、通信機器、医療機器、時計・カメラなど精密機械製品に使用。半導体検査装置や胃カメラのファイバースコープ内にも使われている。

徹底した品質管理によりユーザーの高い信頼性を獲得

小さなばね一個といえども、精密製品の心臓部を形成する大切な部品の一つという発想のもと、製品の受注から設計・開発・製造を経て、納品にいたるまでの各工程で、徹底したチェック体制による品質管理。取引先での「無検査納品」を実現している。 

ユーザーニーズを実現する製造方法の工夫

同社では、自社にて、治工具類、金型の製作をするなど、長年の経験に裏打ちされた製造方法の工夫により、ユーザーニーズにあった精度・品質・納期・コストを実現している。

超精密ばね(線径0.03ミリ、直径0.138ミリ)・顕微鏡による精密ばねの検査

このページの先頭へ