本文とサイドメニューへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 製品・技術を開発する  > 元気なモノ作り中小企業300社

元気なモノ作り中小企業300社


同和鍛造株式会社

印刷用PDF
2006年度

本コンテンツは、経済産業省発行の冊子に基づくため、内容は掲載当時のものであり、現在とは異なる場合もあります。また、修正等には対応できませんことご了承ください。


代表取締役
下村 裕

大物の自由鍛造で高い技術力を保有

ニッケル合金、チタン合金といった条件設定が難しい合金の加工を実現。大型フォークリフト(20トン以上)のツメの国内シェア95%以上

大型部品で高い強度を実現する自由鍛造

超合金鍛造品(フランジ=配管の鍔止め)加熱した金属材料を、ハンマーなどの基本的な設備・道具で目的の形状に成形する“自由鍛造”は、一品物の製造に適しており、自由鍛造のノウハウを多数蓄積している当社は、大型で特に強度を必要とする重要な部品の製造を得意としている。


加工条件の難しい超合金の鍛造も実現

同和鍛造は、昭和60年に全日本鍛造協会より『超合金の鍛造方案の確立と生産性の向上』を果たしたとして技術表彰を受けており、現在では新しく研究開発された超合金に対して、その成分等により特性を推察、完全に対処出来る迄に鍛造技術を高めている。
  平成10年には日本の鍛造業者として初めて『ISO-9001』(設計・開発を含む)の認証を取得している。

大手川下メーカーを支える鍛造品

フォークリフト用のフォーク(ツメの部分)、特に、20トン以上用のフォークについては国内95%以上のシェアを獲得している。圧延機といった産業用機械向けの大物鍛造品や、耐食性・耐熱性に富む超合金の特性を生かし、淡水化プラントといった化学プラントや原子力プラント、公害防止装置向けのパーツを鍛造にて製造し、大手メーカーに納入している。

フォークリフトつめの鍛造

このページの先頭へ