本文とサイドメニューへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 製品・技術を開発する  > 元気なモノ作り中小企業300社

元気なモノ作り中小企業300社


株式会社南武

印刷用PDF
2006年度

本コンテンツは、経済産業省発行の冊子に基づくため、内容は掲載当時のものであり、現在とは異なる場合もあります。また、修正等には対応できませんことご了承ください。


代表取締役
野村 和史

特殊シリンダ製造の世界的なトップメーカー

全て受注生産により多品種少量生産の超小型油圧特殊シリンダを製造。金型用中子抜きシリンダは国内シェア70%、製鉄用ロータリーシリンダは世界の製鉄所で使用され世界シェア70%を占める。

顧客の立場、便宜性を捉え特殊シリンダを製造

顧客のニーズに対応した特殊シリンダ金型向け特殊シリンダ(主に自動車向け金型)は金型が一体化する傾向に進化したことから複雑な形状の成形に対応する必要があり、一層コンパクトなシリンダが必要となった。

常に他社に先駆け、独自の小型特殊シリンダを開発

中子抜き油圧シリンダ(世界最小の金型用中子抜きシリンダ)今回開発した金型向け特殊シリンダ(金型用スーパーロックシリンダ (特許取得))は、射出時の瞬間的な衝撃圧による中子の戻り防止(シリンダ内部に油を封じ込める油圧ロック)したことにより、作動時間のスピードアップ、サイクル時間の短縮、小型化によるスペースの有効活用、金型構造の簡素化により、金型コストの低減、バリの発生防止を実現するなど、技術と開発力で特殊シリンダに関する多数の特許実用新案を取得しており、国内シェア70%を占める。金型向け特殊シリンダを通じて競争力ある産業分野を支えている。

技術と開発力で特殊シリンダに関する多数の特許、実用新案を取得

抜き勾配ゼロのロータリーコアープラーを使用した特殊シリンダ同社の独自の技術により研究開発した同社の規格(南武規格)が特殊シリンダの標準規格となって いる。

このページの先頭へ