本文とサイドメニューへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 製品・技術を開発する  > 元気なモノ作り中小企業300社

元気なモノ作り中小企業300社


冨士ダイス株式会社

印刷用PDF
2006年度

本コンテンツは、経済産業省発行の冊子に基づくため、内容は掲載当時のものであり、現在とは異なる場合もあります。また、修正等には対応できませんことご了承ください。


代表取締役
木下 徳彦

超精密、高精度加工に挑戦する耐摩耗工具メーカー

57年間の豊富な実績をもとに、多様化する市場ニーズを踏まえて、引抜用工具から超精密金型まで様々な耐摩耗工具を、材料から一貫生産しているメーカーで、引抜工具の国内シェア80%超。

産業界の求める高精度なパーツを支える耐摩耗工具

技術革新と共に、あらゆる分野でより高精度なパーツが求められるようになり、これを生み出す優れた超硬耐摩耗工具への需要はさらに高まってきている。こうした産業界全体のニーズに応えるため、冨士ダイス株式会社では、豊富な経験と専門知識を駆使して、材料開発から加工までの一貫した技術で、様々な用途で要求される超硬耐摩耗工具を開発している。

超硬合金の開発から高品質を徹底追求し、国内の引抜工具シェア80%超

同社では、さまざまな要求に適合する超硬合金素材の開発ノウハウと独自の高精度な加工技術により、“工具の長寿命”ならびに“加工製品の高品質”を徹底追及。その結果、厳しい条件下でも常に安定した高性能を発揮する同社の耐摩耗工具は、金属加工の分野はもとより、樹脂や薬品などの化学関連から木材、ガラス、セラミックス等の非金属加工まで、あらゆる分野で高い評価を得ている。その中で、超硬引抜工具は国内シェア80%超を占め、あらゆる材質の線材、棒、パイプの生産に貢献している。

【ダイス・プラグ(引抜工具)】・【超精密工具】


(注) 一部旧字については新字に置き換えています。

このページの先頭へ