本文とサイドメニューへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 製品・技術を開発する  > 元気なモノ作り中小企業300社

元気なモノ作り中小企業300社


石川ガスケット株式会社

印刷用PDF
2006年度

本コンテンツは、経済産業省発行の冊子に基づくため、内容は掲載当時のものであり、現在とは異なる場合もあります。また、修正等には対応できませんことご了承ください。


代表取締役
石川 伸一郎

金属積層ガスケットで国内トップシェア

自社開発によるスチールラミネートガスケットを発明。高性能・高耐久性・環境にも配慮した製品でガスケット技術に革新。

ガスケット技術に革新

ガスケットとはエンジン等の内燃機関の接合部に取り付けるもので、取り付け部からガス・水分・油類等の漏洩を防止するもの。
  このエンジンガスケットは従来、石綿や人工繊維を使用していたが、これは耐久性や環境面に問題を抱えていた。そこで当社は金属板を複数重ねるというアイデアのもと、「スチールラミネートガスケット」を開発。年々高度化されるエンジン性能や環境問題にも対応できうる性能を併せ持つことに成功し、ガスケット技術に革新をもたらした。

ガスケットの製造技術において高い技術を保有

ガスケット関連の製造技術における特許については115件を有し、また科学技術庁長官賞、発明大賞、中小企業研究センター賞など数多くの賞を受賞。

「スチールラミネートガスケット」を発明することで業界トップシェアを維持

スチールラミネートガスケットは劣化が少ない、機械的強度が高く高圧耐久性が強い、組付け時の精度が高いといった長所がある一方、密着性・圧縮性に短所をもつ。当社はこの短所を「折り曲げる」ことで改良。この技術が他社に真似のできない高度なもので、当社はガスケット業界でトップシェアを維持している。
  当社製品は主にディーゼルエンジン用のもので、国内自動車メーカーに限らず海外(アメリカ・イタリア等)の自動車メーカーへも納入しており、そのシェアは国内においては約80%を誇る。

スチールラミネートガスケット・ヒートインシュレーター

このページの先頭へ