本文とサイドメニューへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 製品・技術を開発する  > 元気なモノ作り中小企業300社

元気なモノ作り中小企業300社


株式会社インターアクション

印刷用PDF
2006年度

本コンテンツは、経済産業省発行の冊子に基づくため、内容は掲載当時のものであり、現在とは異なる場合もあります。また、修正等には対応できませんことご了承ください。


代表取締役社長
木地 英雄

撮像半導体の検査用光源装置のトップメーカー

  • 神奈川県横浜市金沢区福浦1-1横浜金沢ハイテクセンター内
  • 1992年(平成4年)設立
  • Tel 045-788-8373
  • http://www.inter-action.co.jp/
デジカメ、カメラ付き携帯電話、ビデオカメラ等に使用される撮像半導体(=CCD/C-MOSイメージャ)の検査には、可視光を照射するための光源装置が必須。半導体各社毎に異なるニーズに対応した特注の光源装置を個別に開発して販売。

生産拡大するCCD/C-MOSイメージャ

CCD/C-MOSイメージャは、デジタルカメラやカメラ付き携帯電話などに搭載され、人間で言えば目の網膜の役目。車載用カメラ、監視用カメラ、個人認証用カメラ等への用途拡大に伴い生産量は急増中。

「クライアントファースト」をモットーに世界シェア60%

CCD/C-MOSイメージャは用途拡大とともに高機能化・高密度化が進んでおり、検査用光源に対するニーズも高度化。「クライアントファースト」をモットーに、創意工夫と技術革新によってあらゆるニーズに対応した製品を供給するとともに、クライアントの生産性向上のための改造やメンテナンスなどにも全力で対応。検査用光源装置の世界シェアは60%。 2001年2月 東証マザーズに株式上場。

「カメラモジュール検査システム」を開発・製品化しドメインを拡大

携帯電話に組み込まれるカメラモジュールは、高画素化にともない検査の自動化のニーズが高かった。光学・画像処理技術を応用して開発したカメラモジュール検査システムは、カメラモジュール検査の効率化と高度化に大きく寄与。

CCD/C-MOSイメージャ検査用光源装置・カメラモジュール検査システム

このページの先頭へ