本文とサイドメニューへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 製品・技術を開発する  > 元気なモノ作り中小企業300社

元気なモノ作り中小企業300社


株式会社鶴見精機

印刷用PDF
2006年度

本コンテンツは、経済産業省発行の冊子に基づくため、内容は掲載当時のものであり、現在とは異なる場合もあります。また、修正等には対応できませんことご了承ください。


代表取締役
岩宮 浩

海水温度・塩分計測装置で高い世界シェア

  • 神奈川県横浜市鶴見区中央2-20-20
  • 1947年(昭和22年)設立
  • Tel 045-521-5252
  • http://www.tsk-jp.com
1928年(昭和3年)創業以来、各種海洋計測機器の開発製造に取り組んでいるが、中でも、船舶を航行させながらプローブ(センサ端末)を海洋に投下して、水深毎の水温および塩分変化をリアルタイムで計測する装置は世界の中でトップシェアをもつ。

水関連計測機器のパイオニア 

創業以来、水環境計測装置全般を扱う計測機器メーカー。
  海洋観測、深海観測など海洋関連から、ダムや地下水などの陸上における水質計測まで、水に関するあらゆる計測機器を取り扱う。

海洋計測装置で世界トップシェア

なかでも、1999年に発売した海洋観測装置「XCTDシステム」は、海象・海況条件に制約を受けること無く船舶の航行中にプローブ(センサ端末)を投下して、水温及び電気伝導度を計測し併せて水中音速・密度も計算処理出来るシステムとして世界100%シェアを有しており、日米ほか6ヶ国に特許を有している。

海洋から陸水へ、そして空へ

過酷な海洋環境に耐え得るノウハウを基に、ダム、河川、そして空に至る水環境計測装置の開発へと展開をはかっている。

XCTDシステム構成例・配管内調査の映像を専用車両でモニタリング・解析

このページの先頭へ