本文とサイドメニューへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 製品・技術を開発する  > 元気なモノ作り中小企業300社

元気なモノ作り中小企業300社


株式会社光学技研

印刷用PDF
2006年度

本コンテンツは、経済産業省発行の冊子に基づくため、内容は掲載当時のものであり、現在とは異なる場合もあります。また、修正等には対応できませんことご了承ください。


代表取締役
岡田 幸勝

超精密加工技術を駆使し高精度光学部品を製造

匠の加工技能と高度な評価技術をベースに、最先端の研究開発向けの試作加工技術をコアとし、固体レーザー、光通信、計測機器用の高精度光学部品を製造。

結晶を素材にした高品質の光学部品を提供

研磨表面粗さ評価結晶の軸出し・切断、研磨、洗浄、評価、蒸着と各加工工程の緊密な連携により、高品質の光学部品の一貫した生産ができる体制を構築し、オプトエレクトロニクス分野における計測機器用波長板・偏光素子、光通信用エタロンフィルター、光アイソレータなどを提供している。

最先端の研究開発向け試作加工

光学結晶の高精度研磨加工技術、高い設計開発力、高度な評価技術により、研究機関や企業の研究開発部門の求めに応じて新素材をはじめとする最先端の研究開発向け試作加工を行っている。

固体レーザー用波長変換素子

溶接等の加工機、半導体製造の計測装置などに利用される固体レーザー分野において、高出力の波長変換素子として使用されるCLBO結晶の素子化に世界で初めて成功するとともに、そのシェアは国内外でほぼ100%となっている。このように、紫外光用も含めた波長に応じた非線形結晶の高精度加工を行っている。

深紫外対応広帯域偏光子・CLBO結晶 / 専用加熱セル

このページの先頭へ