本文とサイドメニューへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 製品・技術を開発する  > 元気なモノ作り中小企業300社

元気なモノ作り中小企業300社


株式会社長津製作所

印刷用PDF
2006年度

本コンテンツは、経済産業省発行の冊子に基づくため、内容は掲載当時のものであり、現在とは異なる場合もあります。また、修正等には対応できませんことご了承ください。


代表取締役会長
牧野 俊清

ナノレベルの精度で精密金型を製造

ベテランと若手技術者との連携プレーにより、ナノレベルの精密さが求められる精密光学機器や医療用機器用の金型を製造。

プラスチック金型技術を極めるナノレベルの精度を確立

同社の金型により製造した各種製品電子機器をはじめとする各種機器の小型化や、形状の複雑化が進む中で、これらの製品を作り出すための金型にも極めて高度な精度が求められている。こうした中、光学機器、情報通信機器、携帯電話から医療用機器、自動車部品など、あらゆる分野の顧客ニーズに対応するためには、ナノレベルの精度が必要になっている。

マグネシウム合金用金型においても高い精度を実現

カメラやパソコンのボディには、現在、アルミやプラスチックが使われているが、より軽くて剛性が強いマグネシウムを使いたいというニーズがある。株式会社長津製作所では、プラスチック射出成形で培ったノウハウをもとに、従来困難とされていたマグネシウム合金用についてもナノレベルでの精度を持つ金型を開発。今後、需要の拡大が見込まれている。

ベテランと若手技術者の連携プレーで技術を伝承

職場環境面でも、若手技術者に積極的に仕事を任せ、勤務しやすいフレックス制を導入することで、100人弱の全社員のうち3分の1は10代、20代の若手が占める。これら若手技術者がベテラン職人と共同して仕事に当たることで熟練技術が着実に伝承されている。

精度の高い金型加工例・長津製作所のハイクオリティ金型

このページの先頭へ