本文とサイドメニューへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 製品・技術を開発する  > 元気なモノ作り中小企業300社

元気なモノ作り中小企業300社


株式会社クリスタルシステム

印刷用PDF
2006年度

本コンテンツは、経済産業省発行の冊子に基づくため、内容は掲載当時のものであり、現在とは異なる場合もあります。また、修正等には対応できませんことご了承ください。


代表取締役
進藤 勇

研究開発用単結晶装置の世界トップメーカー

半導体をはじめとする電子部品の先端的な材料として重要度を増している単結晶の製造装置で世界シェア70%を誇る世界トップメーカー

携帯電話などの光情報通信デバイスに不可欠な単結晶(クリスタル)

クリスタルとは、分子がきちんと並んでいる結晶であり、水晶やダイヤモンド、ルビーなどである。分子が整然と並んでいるため、材料の特性を最も鋭敏かつ正確に発揮できるので、半導体や光通信をはじめとする先端技術分野の部品材料としてその重要度を増している。

4つの楕円鏡を使った単結晶育成装置の開発

従来、クリスタルは1つないし2つの赤外線ランプ光を楕円鏡で集光し、その熱で棒状の原料を溶解させ、鍾乳石のようにゆっくりと冷やし固めて作られていたが、当社は4つの楕円鏡を使った「赤外線ランプイメージ炉」を開発。更に大型で高品質の単結晶を短期間で作ることに成功した。

世界中の大学・研究機関で愛用され世界シェア70%を獲得

世界中のどこからでも、いつでも遠隔制御が可能な新鋭装置同社の研究用単結晶育成装置は、国内はもとより、マサチューセッツ工科大学をはじめとする海外の大学・研究機関で愛用され世界中から高い評価を得ている。主力製品である「赤外線ランプイメージ炉」は高品質単結晶製造装置として他の追随を許さず、世界シェア70%をほこる世界トップメーカーである。ルチル:TiO2ダイヤモンドよりも高い屈折率を持つ光学クリスタル

このページの先頭へ