本文とサイドメニューへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 製品・技術を開発する  > 元気なモノ作り中小企業300社

元気なモノ作り中小企業300社


株式会社ダイヤ精機製作所

印刷用PDF
2006年度

本コンテンツは、経済産業省発行の冊子に基づくため、内容は掲載当時のものであり、現在とは異なる場合もあります。また、修正等には対応できませんことご了承ください。


代表取締役社長
小口 敏孝

髪の毛の太さよりも細い直径の深穴を開ける

「切削による微細深穴加工の限界に挑戦」を合い言葉に、世界最高水準の微細深穴加工ができる「力センサ内蔵旋盤型微細穴加工機(ビサイアML10)」を完成。

超熟練技能者の経験と勘、感覚を数値化した「力センサ」内蔵の「微細深穴加工機」

微細深穴は、医療機器部品、ディスペンサー用ノズル、半導体チップ搬送ノズル、基盤実装用半田ボール吸引ノズルなど、様々な超最先端技術分野の部品に必要とされているが、従来は熟練技能者でないと加工が難しかった。

誰もが簡単に微細深穴加工ができる「微細深穴加工機(ビサイアML10)」を完成

株式会社ダイヤ精機製作所では、熟練技能者の経験と勘、感覚を数値化し機械に置き換え、誰もが簡単に微細深穴加工ができる加工機(ビサイアML10)を実現。同機は、髪の毛の太さよりも細い最小直径0.03ミリメートルの加工が可能である。また、0.3ミリメートルでは、深さ50ミリメートルの深穴も明けることができる。熟練工の勘、感覚を具現化する機能として、50万倍の感度を持っているセンサを長野県工業技術総合センター電子・精密部門と共に開発、現在、様々な超最先端分野の部品加工に活躍している。

微細・精密加工技術を基軸に21世紀のものづくりに挑戦

同社は、創業以来の培ってきた精密加工技術を軸に最新技術を駆使して、主力製品である、コレットチャックを始め、F1エンジン部品・H2Aロケット部品・航空機部品・医療機器等21世紀のものづくりに挑戦し続けている。

このページの先頭へ