本文とサイドメニューへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 製品・技術を開発する  > 元気なモノ作り中小企業300社

元気なモノ作り中小企業300社


株式会社サイベックコーポレーション

印刷用PDF
2006年度

本コンテンツは、経済産業省発行の冊子に基づくため、内容は掲載当時のものであり、現在とは異なる場合もあります。また、修正等には対応できませんことご了承ください。


代表取締役社長
平林 健吾

特殊金型・プレス技術で自動車部品の大幅なコスト削減に貢献

  • 長野県塩尻市広丘郷原南原1000-15 アルプス工業団地内
  • 1973年(昭和48年)設立
  • TEL 0263-51-1800
  • http://www.syvec.co.jp/
従来、数十秒から数分かかっていた自動車用精密金属部品加工を、特殊な金型・プレス加工技術を用いた独自の加工方法で、1秒に短縮。数10%もの部品コスト削減を実現。

従来の加工方法ではコスト削減に限界

自動車用精密金属部品はその形状が複雑なことや高精度が要求されていることから、金属を刃物で切り出す「切削加工」や金属粉を焼き固める「焼結加工」等の方法で加工されていた。 しかし、加工速度が遅いことや部材の無駄が多くコスト削減が求められていた。

特殊金型の開発、独自のプレス加工方法の開発に成功

株式会社サイベックコーポレーション(SYVEC)では、切削加工品や焼結加工品を、不可能と言われていたプレス加工に置き換える事に着目。研削や切削や焼結と比べて、プレスは一貫工程で大幅に安く大量生産できるが、素材の厚い部品には向かない。しかしサイベックは試行錯誤の研究開発の末、「冷間鍛造順送型」と言う、一つの金型のなかで潰しや絞りや曲げなど15以上の作業を行い、素材の厚さを変えながら三次元的な形状を作り出し、さらに強度も上がる革新的な技術開発に成功した。

Value Engineering for Customers=価値ある技術をお客様へ提供

自社開発の超精密金型とプレス機メーカーと共同開発したプレス機を用いた一貫生産体制を確立し、ユーザーに低コストで高品質な製品を大量に提供。同社の社名の一部でもあるVEC(Value Engineering for Customers)を実現。日本の大手自動車メーカーを始め海外の自動車メーカーの品質向上と低価格化に貢献している。

このページの先頭へ