本文とサイドメニューへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 製品・技術を開発する  > 元気なモノ作り中小企業300社

元気なモノ作り中小企業300社


東洋ゼンマイ株式会

印刷用PDF
2006年度

本コンテンツは、経済産業省発行の冊子に基づくため、内容は掲載当時のものであり、現在とは異なる場合もあります。また、修正等には対応できませんことご了承ください。


代表取締役
長谷川 光一

多様な「ゼンマイ」製造に必要な熱処理技術

半世紀以上にわたる熱処理技術の蓄積により、効率的にエネルギーを蓄えられる「ゼンマイ」を製造。

様々な分野で使用される「ゼンマイ」

小さなスペースで効率的にエネルギーを蓄積できるゼンマイは、玩具や家電製品、自動車部品、OA機器、建設機械など様々な分野で使用されている。そのため、回転数やスピード、トルク等ユーザーのニーズに合わせた多様なゼンマイと駆動ユニットを製造している。

玩具に使用されるゼンマイで世界シェア30%を獲得

昭和5年の創業以来ゼンマイの製造に特化し、鋼の熱処理技術を高めてきた。原材料に合わせた熱処理時間や温度のノウハウをもとに、薄くて小型でありながら大きな力を蓄えるゼンマイを製造。時代の変遷と共に時計向けの需要が縮小する中、家電製品や自動車部品などの分野で用途を拡大してきた。また、玩具の製造が海外へ移った現在でも、その高い品質から、玩具用ゼンマイでは世界シェアの30%を獲得している。

ゼンマイの特性を活かして新たな市場創造を目指す

ゼンマイの持つ新たな可能性として、「環境にやさしいエネルギー」という特性に注目。ゼンマイ技術を応用した発電装置を開発し、バッテリーを用いない音声ガイド装置が災害対策や観光案内に使われるなど、新たな用途に繋がっている。

ゼンマイ式音声ガイド装置

このページの先頭へ