本文とサイドメニューへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 製品・技術を開発する  > 元気なモノ作り中小企業300社

元気なモノ作り中小企業300社


株式会社東振精機

印刷用PDF
2006年度

本コンテンツは、経済産業省発行の冊子に基づくため、内容は掲載当時のものであり、現在とは異なる場合もあります。また、修正等には対応できませんことご了承ください。


代表取締役
中村 敬

ベアリング組込用ローラでサブミクロンを保証する研磨技術

サブミクロンの高精度(10,000ミリメートル分の1)でベアリング組込用ローラを製造する専門メーカー。高精度ローラは世界中に供給され、国内でのシェアは70%。

より高精度化が求められるベアリング

ベアリングは、自動車からコンピュータ機器に至る、あらゆる機械装置の回転部分に使われる必要不可欠な部品である。この回転部分に複数個のボールやローラ(ころ)を入れて回転部分の摩擦によるエネルギーロスを低下させている。近年では、自動車の燃費向上などのニーズから、ベアリングには更なる精度が求められている。

高精度のベアリング組込用ローラでトップシェアを獲得

世界で唯一のベアリング組込用ローラの専門メーカーとして、50年以上の歴史で培われた技術により、JIS規格以上の精度であるサブミクロン精度のローラを製造し、国内を始め世界のほとんどのベアリングメーカーに多種類のローラーを供給している。特に、高精度円筒ローラでは、国内シェアの70%を獲得している。

サブミクロンの精度へのあくなき追求

ローラのサブミクロン精度へのこだわりは、「他社と同じ製造方法では、同じモノしか作れない」という考えにも反映され、ローラを製造する機械も自社グループで開発・製造することによって、コストと技術の両面から顧客が満足するローラの追求を続けている。

各種ローラー・各種ベアリング

このページの先頭へ