本文とサイドメニューへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 製品・技術を開発する  > 元気なモノ作り中小企業300社

元気なモノ作り中小企業300社


シーシーアイ株式会社

印刷用PDF
2006年度

本コンテンツは、経済産業省発行の冊子に基づくため、内容は掲載当時のものであり、現在とは異なる場合もあります。また、修正等には対応できませんことご了承ください。


代表取締役
岡部 修二

クルマの安心と安全を支える世界最高峰のブレーキ液・エンジンクーラント

自動車の「走る」「止まる」を支える世界最高品質のブレーキ液、エンジンクーラント(冷却液)を生産。世界シェア19%、国内シェア60%を獲得。

高い特性・品質・効果が求められる「ブレーキ液」と「エンジンクーラント」

ブレーキ液は、安定した制動機能を発揮するための高沸点、低温流動性などの特性とゴム部品の劣化防止などの品質が求められており、エンジンクーラントは、自動車エンジンの性能を最大限に発揮させる優れた冷却効果、不凍効果などの特性と冷却系統の防錆、防腐食効果が求められている。

人命の安全を担う責任から「世界最高峰の品質」

粗悪なブレーキ液しかなかった戦後、人命の安全を担う優れたブレーキ液づくりのため全国各地での事故調査と走行試験を実施。その結果、安全でスムーズな高品質ブレーキ液の開発とともに、高性能エンジンクーラントも開発。その品質は世界最高峰と評価され、米国自動車メーカー等に供給し、世界シェアは19%。また、国内では全自動車メーカーの新車充填用に使用され、そのシェアは60%(OEMを含む)にのぼっている。

研究開発重視で高い技術力を維持

研究開発を重視する経営方針から、全社員の40%を占める研究スタッフが、カーケミカル製品のさらなる品質向上と、新たな分野への製品開発に取り組んでいる。現在、防音・制振材部門が新たな事業の柱となっており、産業用タイヤや樹脂事業、さらには、バイオ関連の研究も進めている。

ブレーキ液・防音排水管

このページの先頭へ